スーパーフラットの作り方(Java版)

スーパーフラットとは

レッドストーン回路や建築など、クリエイティブモードで何か試しに作ってみたい時ありますよね。そんな時に重宝する真っ平らなワールドのことです。以下の特徴があります。

  • バイオームは固定
  • 時間は停止
  • 天候は固定
  • モブがスポーンしない

コピーする方法も最後の方でご紹介します。

作り方

ワールドを新規作成

まずワールド選択画面で『ワールド新規作成ボタン』を押します。

ワールド選択画面

新規作成を押すとワールド新規作成画面になります。

ワールド新規作成画面

以下の通りに設定してください。

『ゲームモード:クリエイティブ』
『チートの許可:オン』

ワールド名も入れておきましょう。まだ「ワールド新規作成」を押してはいけません。その前にゲームルールをクリックしてゲームルールを編集します。

『ゲームルール』を押します。

ゲームルール編集

以下の通りに設定してください。

スポーンの項目はすべて『オフ』

これですべてのモブが湧かなくなります。

ワールドの更新

『ゲーム内時刻の進行:オフ』
『天気の更新:オフ』

に設定しましょう。これで時間が止まり天気が固定されます。
完了を押すとワールド新規作成画面に戻ります。

ワールド新規作成画面2

でもまだ「ワールド新規作成」を押してはいけません。
『その他ワールドの設定』を押します。

その他ワールドの設定

その他ワールドの設定画面

ここで

『構造物の生成:オフ』
『ワールドタイプ:スーパーフラット』

を選択し、『カスタマイズ』を押します。
すると、プリセットの選択画面が表示されます。

プリセットの選択

プリセットの選択画面
プリセットの選択画面

ここで
『クラシックフラット』
を選択します。

このままプリセットを使用を押してもいいのですが、このままだと下から岩盤1マス、土ブロック2マス、草ブロック1マスと、地下の深さが合計4マスのワールドになります。もっと地下が深いワールドにしたい場合は、一番上の「プリセットを共有する場合、この入力欄をご使用ください。」と書いてある入力欄を編集します。

プリセットの編集

プリセットはこう書いてあります。

“minecraft:bedrock,2*minecraft:dirt,minecraft:grass_block;minecraft:plains”

これをわかりやすく書くと

minecraft:bedrock, ⇒岩盤ブロック
2*minecraft:dirt, ⇒土ブロックx2
minecraft:grass_block; ⇒草ブロック
minecraft:plains ⇒平原

最初の”minecraft:bedrock”は岩盤ブロックのブロックIDで、これを1ブロックの高さで敷き詰める、という事です。カンマで区切りって次に”2*minecraft:dirt”と書いてあります。”*”のアスタリスクは乗算です。という事で、土ブロックを2ブロックの高さで敷き詰めるという事です。次の”minecraft:grass_block”は草ブロックですね。

ちなみに”minecraft:bedrock”とか”minecraft:dirt”はブロックIDです。「F3+H」で高度な情報を表示をオンにしてインベントリを開けると確認できます。

またF3でデバッグ情報を表示して、ターゲットブロックの表示からも確認できます。

F3のデバッグ画面でTargetブロックのIDを表示した例
石レンガのブロックIDは”minecraft:stone_bricks”

さて、草ブロックのあとにカンマではなくセミコロンがあります。そのうしろには”minecraft:plains”とあります。これはバイオームに平原を指定しています。

つまりプリセットの指定は、ブロックの積み方をカンマ区切りで指定して、セミコロンの後にバイオームの指定するという事です。詳しくはwikiに書いてあります。

では、土ブロックを5マス、TNTを1マスで敷き詰めて、バイオームを「歪んだ森(id=warped_forest)」にしてみましょう。バイオームidはマイクラwikiなどにあります。プリセットはこうなります。

“5*minecraft:dirt,minecraft:tnt;minecraft:warped_forest”

これを入力し『プリセットを使用』を押した場合のワールドは以下のようになります。

歪んだ森バイオームにTNTを敷き詰めたスーパーフラット

ちょっと脱線したかもしれません。クラシックフラットでは土ブロックが2マスなので、もうちょっと土ブロックを分厚くするぐらいでいいですね。アスタリスクの前の数字をお好みの高さに指定するだけです。

スーパーフラットのプリセット編集
63にしてみました。

『プリセットを使用』を押すと以下のようにプリセット編集結果が表示されます。

ちゃんと土ブロックの高さが63になっています。

あとは『完了』を押し、ワールドを新規作成すればスーパーフラットの完成です。

時間の設定

ひとつだけワールド生成した後にやる事があります。ワールド生成前に時間は指定できないので、このままでは永遠に朝です。昼の状態にしておきたいですね。
以下のようにコマンドを入力します。

“/time set noon”

時間を変更するコマンド入力例

これで太陽が真上に来ます。

コピーの作成方法

スーパーフラットをたくさん同じ設定で作りたくなった時、慣れればどってことないのですが、最初からまた同じ作業が面倒かもしれません。そんな人のためにコピーする方法が用意されています。ワールドの再生成を行うだけです。

ワールド再生成ボタン

コピー元のワールドを選んで『再生成』を押すと以下の画面になります。

ワールド再生成時の設定変更画面

ちょっとだけ変更したいとき等は、ここで色々設定できます。コピーするだけならワールド名だけ変えてワールド新規作成を押すだけです。これでまっさらスーパーフラットが完成です。ちょっと楽できますね。

ワールドの再生成とは

ワールドの再生成とは、選択したワールドと同じシード値と同じ生成時の設定で、もう一つ新しいワールドを新規作成する、という事です。選択したワールドの再生成を行うと、そのワールドと同じシード値のワールドがもう一つ生成されますが、再生成されたワールドは初期状態なので自分で設置したり改変したものなどは存在しません。もちろん再生成前のワールドは消えません。

という訳で再生成した場合でも時間の設定だけは必要です。

まとめ

  1. 『ワールド新規作成』を押す
  2. 『ゲームモード:クリエイティブ』『チートの許可:オン』、を選択し、ワールド名を入力して『ゲームルール編集』を押す
  3. スポーンはすべて『オフ』ワールドの更新で「ゲーム内時刻の進行」と「天気の更新」を『オフ』を選択し、完了を押す
  4. その他ワールドの設定を押し、『構造物の生成:オフ』『ワールドタイプ:スーパーフラット』を選択して『カスタマイズ』を押す
  5. 『クラシックフラット』のプリセットを選択し、入力欄の数字をお好みに変えて『プリセットの使用』を押す
  6. 『ワールド新規作成』を押す
  7. “/time set noon”等の時間指定のコマンドを入力する
  8. コピーする時はワールドの『再生成』を使う
タイトルとURLをコピーしました